文書管理システム+規程管理システム+グループウェア+ワークフロー=アンカー(ANCHOR)|ANCHORが業務の効率化を強力に支援します コシェル株式会社

文書管理規程管理ワークフローグループウェア
Anchor

文書管理システム、規程管理システム、ワークフロー、グループウェアをお考えであれば、Anchorをおすすめします。
このページは、Anchor文書管理機能にフォーカスを当ててご紹介します。

情報管理ソリューション=Acnhor=

文書管理全体の流れ

文書の登録からワークフローの決裁を経て目的の先に文書が配信されるまでの一連の流れをご説明します。
詳しい説明はこちらをご覧ください。

情報管理ソリューション=Acnhor=

文書の登録方法

Anchorは、簡単な操作で文書を配信することができます。 配布日時の指定や閲覧期限の指定もできます。 また、閲覧期限は、文書の種類と配布日時により自動的に設定することもできます。 もちろん、永年保管もできます。 その方法についてご説明します。
詳しい説明はこちらをご覧ください。

情報管理ソリューション=Acnhor=

ファイルの添付

Anchorは文書を配信する際に複数のファイルを添付することができます。公開するファイルと公開しないファイルを一緒に登録することもできます。 また、EXCELファイルを分割して配布することもできます。 その方法についてご説明します。
詳しい説明はこちらをご覧ください。

情報管理ソリューション=Acnhor=

配信先の指定

Anchorの文書管理は、文書を所定のフォルダに登録するというファイルサーバのような発想ではなく、指定した配信先に送り届けるという発想です。 電子メールのイメージです。 誰に・どこに配信するか自由に簡単に指定することができます。 その方法についてご説明します。
詳しい説明はこちらをご覧ください。

情報管理ソリューション=Acnhor=

ワークフロー回付先の指定

Anchorは、文書を配信する際にワークフローと連携できます。 Anchorのワークフローは、ペーパーベースの稟議をシステム化したこれまでにない発想の画期的なワークフローです。 その回付先の指定方法についてご説明します。
詳しい説明はこちらをご覧ください。

情報管理ソリューション=Acnhor=

ワークフローの承認

Anchorのワークフローは、承認時の意見入力はもちろんのこと承認条件を付したり意見ファイルを添付することもできます。 その方法についてご説明します。
詳しい説明はこちらをご覧ください。

情報管理ソリューション=Acnhor=

配布文書の閲覧方法

Anchorは、フォルダに格納されたファイルを自由に見てくださいというものではありません。 該当する人に必要な文書を送り届ける仕組みです。 また、重要な文書については、上長が閲覧しないと他の社員が閲覧できないといった細やかな配慮もなされています。 その閲覧方法についてご説明します。
詳しい説明はこちらをご覧ください。

情報管理ソリューション=Acnhor=

配布文書の検索

数多く配信される文書の中から、短時間に目的の文書を探し出す方法をご説明します。
詳しい説明はこちらをご覧ください。

情報管理ソリューション=Acnhor=

配布文書の強制既読とブックマーク

Anchorは、配信された文書を閲覧したかどうかを管理しています。 配信される文書の内容を都度確認することなく強制的に既読状態にすることもできます。 また、自分にとって重要な文書についてはブックマークすることもできます。 その方法についてご説明します。
詳しい説明はこちらをご覧ください。

情報管理ソリューション=Acnhor=

発信済み文書の確認

発信した文書の確認方法についてご説明します。
詳しい説明はこちらをご覧ください。

情報管理ソリューション=Acnhor=

配布先の文書閲覧状況の確認

Anchorは、配信した文書が配信先で閲覧したかどうかを確認することができます。 その方法についてご説明します。
詳しい説明はこちらをご覧ください。

情報管理ソリューション=Acnhor=

ワークフローの承認状況の確認

ワークフローの承認状況や回付時に添付されたファイルの確認方法についてご説明します。
詳しい説明はこちらをご覧ください。

情報管理ソリューション=Acnhor=